夢授業・Dream Letterのビジョン

2012年12月『ドリームプランプレゼンテーション』という大会に出場。

綿貫里美は、日本の最終8名にばれ、東京ドームシティーホールで2000人の前で発表しました。

(10分プレゼン映像はこちら)

実在!!オーストラリアの夢のお城に学ぶ

『夢授業・Dream Letter』

 

「どんな夢も叶う」という感覚を学ぶには、実際に夢を叶えた人を身近に感じる事が大切です。 

 

オーストラリア・ケアンズの夢の城『パロネラパーク』は、小さい頃、お城を持ちたいと夢見たホゼ少年が、不可能な夢だと笑われながらも、大人になって夢を形にした場所。 

 

お城スタッフが、ホゼが夢を叶えるストーリーを通して、『夢を叶える方法』を伝えます。

 

「どんな夢も叶う」という感覚は、夢だけじゃなく、日々の生活の中で努力する姿勢につながり、その積み重ねた努力と成功体験が、将来、彼らが夢を見つけた時に、自分で夢を叶えていく事につながっていきます。

 

幼年期の子ども達が「夢」について学ぶ、最初の一歩となるのがこの「夢授業Dream Letter」です。